ララスリム 寝るとき

MENU

ララスリムは寝るときも履くといい?

ララスリムは寝るときも履く?

ララスリムは履くだけでスタイルアップができると話題になっていますが、寝るときにはいてもいいのでしょうか。ララスリムは寝るときに履くとどのような効果が期待できるのでしょうか。ララスリムを寝るときにも履こうかどうしようかと悩んでいる方はご参考にしてください。

 

ララスリムは寝るときがおすすめ

ララスリムは、履くだけでスタイルアップができて、むくみが解消される画期的な着圧タイツで話題になっています。

 

ララスリムを正しい履き方で履くことによって、むくみが解消されて、下半身が痩せる効果があり、ヒップアップ、骨盤矯正、ぽっこりとしたお腹をひっこめてくれるという効果が期待できます。

 

ララスリムは、日中用の着圧タイツと、夜用の着圧ソックスの2種類があります。この2種類を上手に活用することによって、効果的に下半身を痩せることができます。

 

ララスリムの夜用のソックスは、脚の甲から太ももにかけてのソックスになります。適度な着圧によって、リンパの流れを促がして、むくみを改善してくれます。

 

夜用のソックスは、緩すぎずきつすぎないので、着圧ソックスでもぐっすりと眠ることができます。寝苦しくないように、各部位毎に着圧具合が違っています。保温効果もありますので、足先が冷えたりする方にもおすすめです。

 

夜用のソックスは、日中用のタイツを履けないという方や、むくみがひどい方に人気があります。また、長時間飛行機に乗るという場合や、長距離を移動するときなどの、むくみ対策にも使用することができます。

 

ララスリムは、日中だけでなく、寝るときもおすすめです。

ララスリムを履くときの注意点

ララスリムは正しい履き方で履くことによって効果が期待できます。間違った履き方をすると効果が感じられませんので注意しましょう。

 

まず、注意していただきたいのは、日中用と夜用をきちんと使い分けて下さい。24時間ずっと日中用のララスリムを履き続けていると逆効果になってしまいます。

 

日中用のララスリムは、着圧が強めなので、寝るときに履くと、苦しくて眠れなくなってしまいます。血流が悪くなると逆効果になってしまいますので注意してください。

 

日中には日中用のララスリムを履いて、寝るときには夜用を履くようにしましょう。

 

また、サイズ選びには注意しましょう。ララスリムは3種類サイズがありますので、自分に合ったサイズを選びましょう。効果がありそうだからといって、小さめのサイズを選んでも効果はありません。血流が悪くなるので逆効果になってしまいます。

 

むくみがひどい方は、日中用と夜寝るとき用を併用するようにしましょう。日中だけではむくみがとれない方でも夜用も併用することで、脚が軽くなってむくみが解消することでしょう。

 

夜用のララスリムは、仕事柄、日中にタイツが履けないという方や、日中用だけではむくみがとれないという方、飛行機や長距離の移動をする方におすすめします。ソックスタイプなので、寝ているときに履いても寝苦しくないのが嬉しいですよね。